弁護士の気になる費用

交通事故の示談交渉をするにあたって、交通事故専門の弁護士にお願いして代理人になってもらったほうがいいです。ここで気になるのが、もし弁護士に示談を依頼した場合、どの程度の費用が掛かるのかという問題でしょう。一般人にとって、弁護士に相談する機会はそれほど日ごろから多い人は少ないでしょう。

弁護士費用ですが、どこに依頼するかによって違ってきます。しかし目安として覚えておいてほしいのは、まず仕事を受任した際に発生すると着手金は20万円前後です。そのほかに弁護士報酬が発生します。弁護士報酬は、慰謝料の交渉でいくら増額があるかによって決められます。慰謝料の増額分の10%程度を報酬として弁護士に支払うことが多いです。相手の保険会社が慰謝料として100万円を提示したとします。そこから交渉で200万円までアップした場合には、増額100万円の10%である10万円を報酬として支払います。

おそらく契約をする前に、報酬についての説明もあるはずです。報酬システムについてきちんと理解したうえで、依頼をしましょう。もし費用についてわからないことや不透明なことがあれば、遠慮することなく質問しましょう。そして納得できる説明が受けられたら、初めて契約書にサインすることです。