自動車保険をチェック

自分が加害者であれば、自動車保険に加入している人なら保険会社が示談交渉を担当してくれます。ところが自分が被害者の場合、示談交渉に保険会社の担当者が出てきてくれないこともあります。完璧に相手が悪い、過失割合が10:0の場合です。このような場合、本来であれば自分で弁護士を探してきて示談交渉をお願いしなければなりません。

しかし自動車保険に加入しているのであれば、保障内容を確認しておいた方がいいです。自動車保険の中には、弁護士費用特約の含まれている商品もあります。もし弁護士費用特約がついていれば、こちらに全く非のない交通事故の場合でも弁護士費用を保険会社で負担してくれるものです。保険会社によって多少条件は異なるものの、300万円程度までは費用を負担してくれる商品が多いです。これだけ費用負担してくれれば、弁護士の報酬を自分で準備する必要もなくなるでしょう。

もしこれから自動車保険に加入しようと思っている、見直しを検討しているのであれば、弁護士費用特約に加入しておくといいでしょう。いくら自分が注意していても、もらい事故に巻き込まれる可能性があります。ですから万が一の安心のために、特約を付けておくのがおすすめです。